駆け込み需要

日本銀行の石田浩二審議委員がさいたま市内で講演を行いました。4月の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要について、「年度末にかけて想定を上回る規模で発生すれば、その分4月以降の反動も大きくなる」と懸念を示しています。

駆け込み需要は乗用車、白物家電などで相応の規模で発生しているそうです。でもそうですよね。よく食べたり飲んだりするアイスやジュースみないなものじゃなくて、高額なものですから、今のうちに買っておかないといけないような気がしますからね…。

 

一方で、これまで今一つだった輸出や設備投資が伸びてくることなどが期待されるため、4~6月に一時的にマイナス成長になったとしても、景気回復のトレンド自体が失われることはないと、景気の回復基調は続くとの見通しも示しています。なんかこれはちょっと疑わしいですけどねー。政府とかが「景気回復してまーす」て言ったって…

 

白物家電等はともかく、自動車の場合は難しいですからね。軽自動車税だったりエコカー減税だったり、しかも納車が3月末に間に合わなかったら4月以降の税で払わなければならないんですよね?ひー、こりゃ確かに駆け込み需要が半端じゃなさそうですよね…。

この増税に合わせて、今自分の持っている車を買い替えたい、という人多いと思います。下のサイトで調べてみてはいかがでしょうか?

>>http://xn--hhr4w08hdu4bhplbjpgnd.pw/

薬剤師の勤務先

今でも薬剤師の就職先として多いのは薬局の様です。

しかし医療費抑制政策、ジェネリック医薬品の普及、ドラッグストアの調剤市場参入による市場の奪い合い、処方箋の増加傾向の鈍化などの影響を受け、薬局数の増加は頭打ちとなっている模様です。

他には製薬会社や病棟、行政機関などで働くケースもあります。

何れにしても、企業の経営理念が明確であるかを考慮する必要があるでしょう。
http://薬剤師転職クチコミ.com/等、ネットでの情報収集も効果が高いと思います。