景気回復で断る業者続出

末の引っ越し繁忙期を控え、運送業者が受注を断るケースが北海道で相次いでいる。景気回復を背景に大手企業を中心に人事異動が増え、さらに消費増税に伴う駆け込み需要で取り扱い貨物の量が増加しているが、業界は慢性的な人手不足で対応できないからだ。景気循環の一翼を担う物流業界が、安倍政権の経済政策「アベノミクス」効果による景気浮揚に悲鳴を上げている。

 

せっかくの書き入れ時に人員不足で対応できないとは、たまりませんね。

引っ越しに限らず流通業界は相当コストを削らてしょうから、その労働内容を考えると敬遠されるのもやむを得ないところはありますね。

まぁ、長距離ほど過酷ではないんでしょうけど、引っ越しも厳しいんでしょうね。

ガソリンは値上がりし料金は下げられ利益を圧迫。

それでいて翌日配達等厳しい条件。

なんかいいことありませんね。

徐々にコストを上げて改善するしかないんでしょうかね。

ところで、なんでこの記事はこんなに好景気になったことに対して悲観的な書き方なんでしょうか。

まるで景気が良くなったのが悪いことのようですね。

睡眠薬に頼らずに

なかなか夜眠る事ができない、寝ても早朝に覚醒してしまう・・・

こういった睡眠障害に悩む方は非常に多い様です。

日本のストレス社会において、これは結構大変な事だと思います。

やっぱり睡眠薬には頼りたくないですよね。

睡眠を取るために副作用があっては、本末転倒です。

気持ちを落ち着かせて、ぐっすり眠れる様なドリンクを飲んだりする方が良いと思います。