ミネラルについて

生きた生物に含まれる、例えば貝殻の方解石や霰石、ヒトの歯に多く含まれるハイドロキシアパタイトなどの鉱物は生体鉱物として区別する必要がある。また非晶質物質でも鉱物と呼ばれる例外もある(オパール)。

ちなみに食品分野での「ミネラル」については該当項目を参照のこと。飲料水や食品などに溶存している無機質は、「鉱物質」と呼ばれることもあるが「鉱物」そのものではない(鉱物は固体物質である)。

広義には、動物、植物以外の自然物のことをさし、石油、地下水までも鉱物に含められる場合がある。しかし、鉱物学の文献等では、「天然に産出する無機質で一定の化学組成と結晶構造を有する固体物質」のことを鉱物と定義する場合が多い。

ミネラルは鉱物とも言う。

早口言葉のカラクリ

「ピョ」の発音時の下の動きと「ぽ」の発音の形は非常によく似ている。
「しゃ」と「さ」「しょ」と「そ」なども同様だ。
これらの「似た発音」を組み合わせることで言いづらい「早口言葉」ができているのだ。
また「ぴょ」などは口の形を作るのに時間がかかるため、通常よりも短い時間で言おうとすると
不完全な形で発音されてしまう。

これが早口言葉が難しい理由。

それを打破する為には、文章の切れ目を工夫すれば良いのだ。

バスガス爆発を、バスが酢爆発だと思って発音すると簡単にできてしまう、等は分断の威力を見る気がする。

イベリア半島の名は

イベリアの名は、古代ギリシア人が半島先住民をイベレスと呼んだことに由来する。しかし、もともとは漠然とピレネー山脈の南側に広がる地域を指した言葉である。一方、イベリア半島を属州としたローマ人たちは、この地をヒスパニアと呼称したが、このラテン語に由来して現在の「スペイン」(英語名)は「イスパニア」とも「エスパーニャ」とも呼ばれるようになった。

1848年、半島南端のジブラルタル付近で化石人類の人骨が発見された。その後も数カ所で発見された化石人骨は、いずれもネアンデルタール人に属する。約20万年前頃には活動しており、氷河期最後のビュルム氷河期までその活動は続いた。現生人類のホモ・サピエンスの活動は、このビュルム氷河期に始まった。クロマニョン人がピレネー山脈を越えてフランス方面からやって来たと見られている。彼らが残した文化は、マドレーヌ文化と呼ばれる。