シンラ解散、スクエニHD特損

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、子会社でクラウド・プラットフォーム事業の立ち上げを目指していたSinra Technologies, Inc.及びシンラ・テクノロジー・ジャパン株式会社を解散すると発表した。公式サイトは既に接続できない状態だという。
同社はスクウェア・エニックスの前社長を務めていた和田洋一氏が主導し2014年3月に設立。主な拠点をニューヨークに置きながら、クラウドを使ったゲーム配信のプラットフォーム立ち上げを目指してきた。開発者のリクルートやデモの開発などを進めたが、「第三者から追加の事業資金調達を模索したものの目処が立たなかったため解散することにした」と説明されている。
2社の解散に伴い、スクウェア・エニックス・ホールディングスは特別損失として約20億円を計上する見込みだとのこと。スクウェア・エニックスではブロードメディアと協業で「DIVE IN」と呼ばれるクラウド・プラットフォームも展開していたが、昨年9月で提供が終了しているそうだ。
20億円もの損失が出てしまって、今後の経営は大丈夫なのだろうか…?